千葉でのキリスト教の葬儀について

千葉に限らず日本国内で行われる葬儀の中には、キリスト教の葬儀もあります。

もしも千葉でキリスト教の葬儀に参列する場合、葬儀に関するマナーを知っておくと役立つ事があるかもしれません。

▼Check!>>失敗しない千葉での葬儀

・キリスト教の葬儀

現在日本で行われているキリスト教の葬儀には、通夜がありますが、本来のキリスト教の葬儀では通夜は行いません。

これは日本独自のスタイルのようです。

キリスト教と言っても宗派がありそれにより、葬儀も少し異なります。

カトリックの場合は通夜の祈りを行い、プロテスタントの場合は前夜式としています。

葬儀は主に教会で行われますが、自宅で行う場合もあります。

・葬儀マナー

仏教の葬儀では僧侶が読経をしますが、キリスト教の葬儀では牧師か神父が聖書を読むか、説教などを行います。

通夜には通夜振る舞いがありますが、お酒を飲むのはNGとされます。

キリスト教の葬儀は、献花を行いますが、使用されるのは白いカーネーションです。

これは仏教の焼香に該当します。

・まとめ

宗教の違いで葬儀のスタイルは変わります。

一般的な葬儀では花輪を使いますが、キリスト教では造花は使用せず、生花を使います。

カトリックは故人の罪を神に許してもらい、プロテスタントでは故人よりも神に祈りを捧げるなど、考え方にも違いがあります。

信者は葬儀の時に聖書を持ち賛美歌を歌いますが、信者でない場合はその場で聞いているだけでも構いません。

お悔やみの言葉もキリスト教では言わず、個人が安らかであるよう祈ります。