千葉での葬儀の喪服に関するマナー

葬儀には喪服を着用しますが、遺族と参列者では喪服の種類が異なります。

葬儀における喪服マナーを見ていきましょう。

・礼服と喪服の違い

冠婚葬祭には黒い衣服を身につけますが、ブラックフォーマルでも、礼服は紋付袴、燕尾服、イブニングドレスなど華やかな場に着ていく物です。

喪服とは異なりますので、間違えないようにしてください。

喪服は、喪に服すという意味があります。

・喪服の種類

喪服には正喪服と略式喪服の2種類があります。

正喪服は喪主や親族など、故人と近しい人が着用します。

正喪服には和装と洋装があります。

一般的には女性の正喪服は着物とされていますが、男性はモーニングなどでも構わないとされています。

洋装の場合は、長袖、スカート丈はひざ下、ボタンやバックルは布で覆われていて地金が見えない物が望ましいとされています。

参列者でも葬儀には洋装の正喪服を着用しますが、参列者の着物はNGとなります。

通夜のように急遽駆けつけるような場合は、参列者が略式喪服でもOKです。

・まとめ

喪服といっても種類があって、それぞれにふさわしいスタイルがあります。

略式喪服で通夜に参列する場合は、ダークグレーや濃紺などでも構いませんが、肌を露出するような物は避け、地味目なワンピースやスーツが無難です。

■Pickupページ→葬儀、通夜はスーツOK 香典はふくさに入れて|NIKKEI STYLE

アクセサリーなどは極力外しておきます。

妊婦でお腹が大きい場合は喪服が入りません、黒いワンピースやカーディガンなどのマタニティウェアでもOKです。