千葉での葬儀の時、小物はどうしたらいい?

葬儀に参列する時は、喪服だけでなく小物にもマナーがあります。

知らないとは言えマナー違反はよくないので、最低限の事は覚えておきましょう。

・葬儀の小物に関するマナー

葬儀の時には喪服を着用しますが、靴、カバン、アクセサリーにもそれぞれマナーがあります。

女性は黒いストッキングを履きますが、タイツはカジュアルとされるため極力避けます。

ただし極寒地域のような場合は例外となります。

靴やカバンはエナメルのような光り物はNGです。

以前は革製の物は殺生のイメージからNGとされていましたが、光沢のない革製のならOKとなっています。

女性の場合はヒールが高すぎるものは避け、ヒールが低めで長時間履いていても疲れない物がおすすめです。

・アクセサリー

アクセサリーについては、真珠の一連ネックレス、一粒真珠のイヤリング及びピアスはOKです。

結婚指輪もOKですが、キラキラと光るような場合は外しておきます。

真珠はOKですが、二連や三連のネックレスは、不幸が重なるという意味になるため使えません。

腕時計は男女とも派手に光り輝く物は外すか、袖に隠すなど配慮が必要です。

光らずシンプルな物なら付けたままでも構いません。

・まとめ

葬儀の時は喪服だけでなく、小物にもマナーがあります。

遺族の中にはマナーを気にする方もいるので、できるだけマナーを守り、遺族に対する配慮を忘れないでください。

喪服を購入する時に、それに合うよう小物も一緒に揃えておくと便利です。