香典の相場やマナーについて

葬儀の時に香典を持参しますが、包む金額により使う香典袋と袱紗が異なります。

それぞれのマナーをチェックしてみましょう。

・金額による香典袋の違い

香典にいくら包むかは一応マナーもありますが、包む金額に応じて使う香典袋が変わります。

3,000円~5,000円の場合は、水引が印刷されたシンプルな香典袋を使います。

10,000円~20,000円の場合は、白と黒の実物の水引がついている香典袋を使います。

30,000円から50,000円の場合は、高級感のある和紙を使い、銀の水引がある香典袋を使います。

10万円は香典での最高額となりますので、香典袋も高級感がある和紙と、ひだ状に折った銀紙や派手な水引を使用した物を使います。

・金額による袱紗の違い

香典の金額は袱紗にも違いがあります。

30,000円以下の場合は、金封袱紗といって、香典服を入れやすいようポケットが付いたタイプです。

30,000万円以上の場合は、四角いハンカチ状になっている爪付き袱紗か、簡易の切手盆付きの台付袱紗を使います。

切手盆付きの場合は香典を渡したら、切手盆は持ち帰ります。

袱紗や切手盆に家紋が入っている場合は、相手に押しつけにならないよう持ち帰るのがマナーです。

家紋が入っていない場合は、受付の人が間違えてお盆ごと受け取ってしまう事がありますが、この場合はできるだけ早めに返すのがマナーです。

・まとめ

葬儀に参列する時は、香典を渡すシーンがあります。

香典袋や袱紗にもマナーがありますので、大人として最低限のマナーは心得ておきましょう。